ハイスピードカメラ・高速度カメラのIDT

ハイスピードカメラ 周辺機器 運動解析ソフト エアバッグ展開試験

IDTジャパンについて

IDTジャパン株式会社は、最新のハイスピードカメラを中心にLED照明装置、運動解析ソフトウェア等の各種映像計測機器の販売、レンタルを行っています。IDT社(米国)の提供するハイスピードカメラは非常に小型軽量でありながら高速、高解像度、長時間の撮影を可能にしました。又耐G、耐振動、耐環境性に大変優れています。これにより車・オートバイ・船舶・航空機への搭載、スポーツ解析、流体解析(PIV)、顕微鏡・マイクロスコープによる撮影、製造ラインでのチョコ停の対策等、今まで不可能だった高速撮影が可能となりました。 Concept Tech Group(オーストリア)とは日本における販売代理店契約を締結しインパクター試験装置等自動車安全試験におけるシステムを提案しています。
ニュース一覧へ

NEWS

技術資料20130111-006-bIDTJ「Windows 10 x64にIDT社製品のUSB ドライバーを有効にする方法」をアップしました。 NEW (2016/6)
MotionInspector x64がVer.1.04.01にアップデートされました。 NEW (2016/5)
MotionStudioとIDT Camera SDKがVer.2.12.16にアップデートされました。 NEW (2016/5)
IDT社は高感度ストリーミングカメラXStream720P(1280X760画素1700fps)を公開いたしました。 (2016/4)
IDT社は高解像度ストリーミングカメラXStream1440P(2560X1440画素400fps)を公開いたしました。 (2016/4)
高速度撮影用途に最適なパルス機能を持つ高輝度LED照明 LED120Eのカタログを追加しました。 (2015/12)
ハイスピードカメラ使ってみようを更新しました。どうぞ製品の検討にご利用ください。 (2015/8)
防水防塵、GigE対応の低コスト小型高速度カメラiNdustrialシリーズのカタログを追加しました。 (2015/4)
NASAがOrionロケットに搭載されたOsカメラの撮影した10分間の動画を公開しました。 (2015/2)
高速度撮影と長時間記録を同時に実現した小型高速度カメラOsシリーズのカタログを追加しました。 (2014/4)

ハイスピードカメラ導入事例

当社ハイスピードカメラは無人探査試験飛行 (EFT 1) Orionロケットに3台搭載され、将来予定している有人の宇宙飛行の安全性の確保に役立つ重要なデータの収集を行うなど先進分野で活用されています。

オハイオ州ヴァンダリアのDelphi Safety Testing Facility(デルファイ安全実験施設)でIDT製ハイスピードカメラ(N-3カメラ)が導入されております。エアバッグの開発、各種部品のテスト試験、リニアおよび前面/側面の衝突実験など、様々なテストで活躍しています。

ハイスピードカメラレンタル・撮影
ハイスピードカメラ 使ってみよう
ハイスピードカメラ Q&A
ハイスピード ギャラリー
コンセプト社のインパクター