医学 骨折 研究の動画 IDTジャパン
News News ""

IDTカメラ、肉眼で確認不可能な怪我のメカニズムに焦点

アメリカの科学専門誌が、速い速度で起こる骨折の研究についてニューヨーク大学にある科学技術専門学校のニヒル・グプタ(Nikhil Gupta)氏にインタビューしています。

この新しい研究は、研究者がどんな隠された危険(ごくごく小さな亀裂のような危険)が落下や衝突や爆発などから骨折を引き起こすのかを発見する手助けをし、また患者の将来的なケアと回復を改善することを約束します。チームの成果はJournal of Biomechanicsに発表されました。

以下はインタビューと研究所のビデオです。

IDT高速カメラを活用する研究者の詳細な研究内容は、こちらです。

ハイスピードカメラ・高速度カメラの販売