ハイスピードカメラ・高速度カメラのIDT

IDTジャパン

会社情報

IDT社について

IDT社(Integrated Design Tools, Inc.)は、米国フロリダ大学のPIV(粒子画像流速測定法)研究室が中心になり1997年に設立されました。
米国フロリダ州に本社を置き、高速度カメラ、PIV用ソフトウェアなどの開発、製造を行っています。企業内にCMOSの世界クラスの設計者を始め、研究者として高速度カメラの使用者の立場の人間など、各専門分野の第一線の人材を揃え、製造者側と使用者側の双方のニーズの深い理解のもとに製品設計がなされています。
2007年10月に、同じ高速度カメラのメーカーで、EastmanKodak社旧MASD事業部時代より4半世紀にわたる歴史を持つRedlakeMASD社(ローパーグループ)のワールドワイドでの製品販売権をRoper Industries社より取得し、それによりIDTとRedlakeという世界的に強力な高速度カメラ・ブランドの製品供給を一元化して行うことになりました。
IDTジャパン株式会社は、両ブランドの日本でのマーケティングおよび販売を行う国内唯一の会社として2007年12月に設立され、高速度カメラに強いアドバンテージを持ちながら、デジタルイメージング分野での産業界の多様なニーズに応えています。

会社概要

社名 IDTジャパン株式会社 (IDT Japan, Inc.)
住所 〒135-0007 東京都江東区新大橋1-8-11 三井生命新大橋ビル4F
設立 2007年12月3日
資本金 1000万円
営業内容
  1. 電子機器及び電子部品の設計、製造、輸入、販売、レンタル及び保守管理
  2. 光学機器の設計、製造、輸入、販売、レンタル及び保守管理
  3. コンビュータソフトウェア及びコンピュータシステムの設計、製造、輸入、販売、レンタル及び保守管理
  4. コンピュータアプリケーションのコンサルタント
  5. 電子機器、光学機器及びコンピュータソフトウェア関連書籍の販売
  6. 前各号に付帯・関連する一切の業務
主要取引先 (株)本田技術研究所、東京大学、大阪大学、京都大学、理化学研究所、等
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 深川支店

会社経歴 及び 製品履歴

1962年 Redlake Corporation 設立される。
1981年 Eastman Kodak MASD事業部設立される。
1981年 SP-2000発売 / Kodak (修理受付終了しています)
世界初、2,000 コマ/ 秒の高速度ビデオ世界で初めて固体撮影素子を採用。
1999年
  • 米国Roper Industories社の買収によりKodak MASD 事業部とRedlake Corporation が、Redlake MASD 社に統合される。
  • 日本においては日本コダック株式会社より株式会社日本ローパーへ高速度カメラの販売・サポートが移管される。
2007年
  • IDT社がRedlake MASD 社製品のワールドワイドでの販売権を獲得し、IDT製品とともに販売を開始する。
  • IDT社製製品の日本での販売を目的に、IDTジャパン株式会社 設立される。

アクセス

IDTジャパン(株)
モーションイメージング部
〒135-0007 東京都江東区新大橋1丁目8番11号 三井生命新大橋ビル4F
TEL 03-6659-2681 FAX 03-6659-2684

CONTACT

電話・ファックス・メールにてお気軽にお問い合わせください